スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球の守備 

今回はちょっと長文書きます。
grove.gif

私は守備が苦手でした(今でも)。小学校のときはキャッチャー、中学校のときはキャッチャー~レフト~サード、高校のときはサード~レフトと守備位置が転々と変わりました。

なぜかというと・・・下手だから!

中学校の最後の市内大会のとき、1イニングで5つくらいエラーをしました。言い訳をさせてもらうと、ちょうど守備位置の前が雨水の流れたあとが抉れていて、そこを砂で埋めてある状態だったんです。守備についたときからイヤ~な感じがしたのを覚えています。そして1つエラーをしてからはパニック!もう飛んでこないで!と思うと飛んできてエラーを死ぬほど繰り返しました。(でも相手のサードはエラーしなかった・・・)

幸いその試合は勝ったんですが、一人だけそれどころじゃない状態・・・次の試合で負けて、3位決定戦でも負けて中学野球は終わったのですが、それを高校まで引きずって、高校ではサードでノックもまともに捌けない状態でした。そして自ら志願し、外野にコンバート。外野守備も使えるようになったのは最後の夏の大会間際でした。

野球を少し離れてから気付くことがいろいろありますが、そのうちの一つが「守備ではイップスがある」ということ。イップスはゴルフなんかでよくある、緊張とかで体が思うように動かず、ミスをしてしまうことです。エラーをして恥ずかしい、怒られる、みんなに迷惑がかかるという気持ちから、エラーをしてはいけない、大事に行こうと弱気な気持ちになってしまうと最悪です。一度イップスにかかると直すのは大変です。ちょっとやそっと練習したからといって直りません。

イップスを直すには、1.守備位置を変える 2.適当にやる 3.死ぬほど練習する くらいしか浮かびません。(いい方法があればだれか教えてください)

守備で大事なのは「攻める」こと。大事に行くにしても攻めた上で球際を丁寧にするということが必要なんじゃないかと思います。

スポンサーサイト

コメント

俺も・・

俺も小学校3年から中学1年まで野球やってました。やっぱ守備は苦手でした。エラーをいっぱいやりました。大人になってもエラーだらけだよ。けいたの書き込みでなんか謎がとけた気がします。

意味不明の文章でスイマセン。
周りから分かりづらいと多々ご批判を頂きました。しばらくこういう内容は書きません。
でも、あと「打撃」と「走塁」と「投球」と「采配(攻撃)」と「采配(守備)」が残ってるのでそれはいつか必ず書きます!
>小幸分団長
あの通路の写真はタイムリーエラーでしたね。
私は大人になって攻撃面が強化されました(深い意味はありません)。

俺は専門的に野球はやっていないんだけど、なんか外野が好きでずーっと外野専門。特に得意なのは8番ライト、
でも就職して初めての仕事は職場の実業野球大会でした。なんとそこで産まれて初めてサードをやったんです。びびったなぁ。ファーストまでの距離感がつかめず苦労した覚えがあります。

分団長の写真は、サヨナラタイムリーエラーですね!!

>shinサン
得意なのが8番ライトとはシャレてますね。
初めての仕事が野球とはウラヤマシイ・・・。私なんて初めての仕事は女装するお祭りの参加でした!この件については後日詳細upします!
分団長の写真は私にとってファインプレー。見るたびに研修の頃の感じをなんとなく思い出します(涙)。

ウエイトリフティング

ウエイトリフティングを探すなら http://www.mizusumashi-net.org/101070/502056/

健康食品

健康食品を探すなら http://www.allnavi.jp/100938/100987/

【夜会巻きダイエット】

夜会巻きとは、まとめ髪の一種で、セミロングやロングヘアの女性が長い髪を頭上でまとめるヘアスタイルのことです http://sxhot.thriftystmartin.com/

ラズベリーは美容と健康によいらしい

ラズベリーはキイチゴの一種です http://roturier2.crosstudio.net/

学生ビザを取得して留学しよう

学生ビザの検索サイト。アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、フランスなど学生ビザに関する各種情報をお届けしています。 http://mantic.stuartmembery.com/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keitao.blog71.fc2.com/tb.php/8-4a2f6dc4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。